競売とマイホームと不動産投資

競売とマイホームと不動産投資

【東京23区 必須!】知っておこう!競売の「2割」と「3週間」

Pocket

8e581c08f5c9f4cb7e72dea6d36830a0_s

競売物件の入札にあたっては、
事前に保証金(買受申出保証額)を
裁判所に振込しなければなりません。

この金額は物件ごとに決まっており、
3点セットに記載されている
売却基準価額の2割となっています。

例えば、売却基準価額が、

500万円の場合は、100万円の保証額
1000万円の場合は、200万円の保証額
2000万円の場合は、400万円の保証額

といった具合です。

この金額は所定の振り込み用紙で
振り込むことになりますが、
基本的にこの資金は
自己資金で用意することになります。

東京23区の管轄ですと、
出品から入札終了まで
約3週間ですので、
この期間内に入札物件を決めて
保証金を納めないと
入札への参加はできません。

一般の不動産売買は、
十分に検討して、契約となれば
手付金を用意しますが、
競売の場合は先に保証金を納めないと
購入する手続きが進められません。

納めた保証金は、
落札できれば代金の一部に充当されますし、
落札できなければ返却されます。

出品から入札終了までのスケジュールは、
各地の裁判所によって異なりますが、

いずれにしても各物件、各裁判所の
スケジュールを十分に把握して、
資金調達や物件調査などを
行う必要があります。

lp1_480_60

コメントを残す

管理人: Hisao_Hosoi

Hisao_Hosoi

●埼玉県新座市出身●1969年11月27日生まれ ●血液型:O型 ●平成4年より不動産・住宅営業に一貫して携わる。●お客様の心・豊かなライフプランの実現をサポートする為、個人向けに投資用不動産の売買仲介・賃貸管理、競売物件(居住用・投資用)取得のサポート業務を行っている。●保有資格/宅地建物取引士・CFP(R)認定者・競売不動産取扱主任者・住宅ローンアドバイザー                                  西荻窪・吉祥寺・三鷹周辺投資物件情報公開中

  • google Hisao_Hosoi
  • アメブロ Hisao_Hosoi

人気記事一覧