競売とマイホームと不動産投資

競売とマイホームと不動産投資

【普通とは違います!競売物件の資金計画】

Pocket

2e23c868a1c8edd8229325f5eb84570e_s

競売にかかわらず
不動産を買うときにどのくらいお金がかかるのか?
やはり気になるところですよね。

投資にしてもマイホームにしても、
不動産は何百万円、何千万円とする買物ですので、
一般消費者の買物金額としては、
おそらく1番高額なものになると思います。

 

では不動産購入をするときに、
どうやって資金を用意するか、
お考えになられたことはありますか?

 

一般的にマイホームや投資物件を購入する時は、
金融機関で住宅ローンやアパートローンといった
融資を利用します。

これは競売でも同じで、
競売物件でも金融機関からの融資を
利用することは可能です。

(実際に私も融資手続をサポートさせて
いただいた事はあります。)

ただし、
競売物件を取り扱える金融機関が
まだまだ少ないことや、
融資までのスケジュールが短いことなどから、
実際に融資を利用するには
相当の準備が必要です。

そして住宅ローンなどと違い、
購入金額(落札金額)の全額が融資されることは
ほとんどないので、
一定の自己資金(現金)は必要になってきます。

また競売物件は落札してからも、
事前の調査で想定できなかった費用などが
発生するケースも多くあるので、
余裕資金としても
自己資金の準備は必要です。

どのくらいの資金を用意するかは
購入する物件や返済計画・収益計算などで
変わってきますが、
入札する時期を見据えて、
計画的に自己資金(現金)の準備は
しておいた方が良いでしょう。
(年間の入札スケジュールはインターネットで
公表されています。)

lp1_480_60

コメントを残す

管理人: Hisao_Hosoi

Hisao_Hosoi

●埼玉県新座市出身●1969年11月27日生まれ ●血液型:O型 ●平成4年より不動産・住宅営業に一貫して携わる。●お客様の心・豊かなライフプランの実現をサポートする為、個人向けに投資用不動産の売買仲介・賃貸管理、競売物件(居住用・投資用)取得のサポート業務を行っている。●保有資格/宅地建物取引士・CFP(R)認定者・競売不動産取扱主任者・住宅ローンアドバイザー                                  西荻窪・吉祥寺・三鷹周辺投資物件情報公開中

  • google Hisao_Hosoi
  • アメブロ Hisao_Hosoi

人気記事一覧